第一回メスナーテントフォトコンテスト

【大賞】

タイトル『凍った湖の上で』

コメント『1月の北海道の、凍った網走湖の湖上で贅沢にテント泊。普段は立つことができない広い湖上にテントをたて、寒さも忘れ、満天の星空を仰ぎ見た時間は忘れられません。』

ニックネーム:オックン

タイトル『紅葉の涸沢テント泊』

コメント『涸沢の紅葉時期は山小屋の混雑が酷いのでテント泊に。ガスがかかり寒さも厳しかったのですが、何事も無く過ごせました。朝ゆっくり起きましたら、ガスの切れ目に奥穂がのぞいていました。』

ニックネーム;K.S

タイトル『剱を眺めつつ今宵の我が家』

コメント『唐松岳頂上山荘テン場に辿り着き、設営。のんびり剱を眺めつつ一泊。夜風が強かったものの、安心して眠る事ができた。』

ニックネーム;tatudayo

タイトル『特等席ゲット 白馬村・Japan』

コメント『ここは強風で有名なテン場、風にしなってガッチリ安心でした!』

ニックネーム:シンヤ

タイトル『蝶ヶ岳にてメスナーテントデビュー』

コメント『デビュー戦はあいにくの天気でしたが楽しめました。結露も気にならず快適でした。』

ニックネーム:KT

タイトル『N1000初張り 涸沢カールにて』

コメント『8月頭に神田店にて購入。8月12日涸沢で初張りです。
お盆休みということで、結構な数のテントが張られていましたが、メスナーは一張りだけでした(多分)。
翌日は朝から雨に見舞われましたが、素早く楽に撤収できました。
良いテントです。』

ニックネーム:Masaki

タイトル『唐松岳の高級スイートルームにて』

コメント『唐松岳の新築物件のご紹介です。メスナーゴアを購入し初めてのテン泊。サッと設営できたのですがテントサイトが少し傾いてました。せっかくの新築物件なのに。それでも我がメスナーゴアは周りのテントの中でもひときわ輝いて見えました。』

ニックネーム:講釈男爵

タイトル『冬の五竜岳とメスナーテント』

コメント『昨年末に遠見尾根に行ったときの、撮ったものです。2人で荷物(撮影機材)が多く、季節外れのセブンフライがちょっと。。。』

ニックネーム:まさ

タイトル『雪にも負けなかったメスナーテント』

コメント『2月の谷川岳稜線で吹雪のテント泊。
夜中に5回ほど、雪かきをしたが
パウダースノーのサラサラ雪は
雪質が良すぎて、はかどらず大変苦労した。』

ニックネーム:yama8130

タイトル『アタック前夜』

コメント『初めてテントを背負って山を登りました!
テントを組み立て終わって中に入ったときの感動は今でも忘れられない。』

ニックネーム:nakkiii

タイトル『針の木 出発の朝』

コメント『2009年9月の連休に扇沢から爺ヶ岳~針の木の周回コースを回った。
写真は2泊目の針の木小屋幕場のもの。
好天に恵まれ多くの登山者が登っていた。
遅めに着き、やっと見つけた狭い場所に詰めてテントを張ることができた。
このテントはもう30年近く使っている。丈夫なテントだ。
風が吹いても飛ばされない安心感の中、その日は3人でゆっくりと休んだ。
翌日は遠く槍ヶ岳を見ながら朝食を取り、テントを乾かしたあと下山した。』

ニックネーム:K.O

タイトル『おはよう日本一』

コメント『2010年7月24日の朝に南アルプスの北岳山荘でセルフ撮影した1枚です。 前日までの曇り空が一転、朝起きたら一面の雲海でメスナーテントの横でしばらく景色に見惚れていました。無事に朝を迎えられ、テントに感謝です。』

ニックネーム:すえひろ

タイトル『昼と夜の間の中で』

コメント『空は青く染まり、街は明かりで色が付く、二つが重なるこの一瞬。この光がとても好き。』

ニックネーム:冒険家ごっこ

タイトル『メスナ-で笑顔』

コメント『雷鳥沢にテントを設営したときのスナップです。2年前に剣沢で暴風雨に遭遇し、メスナ-テントに2日間閉じ込められました!でも、メスナ-は頑強で快適でした!僕はビックリ、怖かったな~(笑)』

ニックネーム:アトムくん

タイトル 『雷鳥沢のメスナー』

コメント 『キャンプ用に購入したテントを10年後はじめて登山に使用した。』

ニックネーム :tofu1965

タイトル『GREEN&GREEN』

コメント『メスナーの緑と涸沢の短い夏にひろがるグリーンがマッチしている。』

ニックネーム: tofu1965

タイトル『初キャンプ』

コメント『数年前、購入したばかりメスナーテントを使いたいがために、ひとりキャンプにチャレンジ。』

ニックネーム:ゆうきゃん

タイトル『アラシノマエノシズケサ』

コメント『2015年8月北岳山荘テン場にて』

ニックネーム:老中

タイトル『笛吹川の夜明け』

コメント『 昨年12月に笛吹川の河畔でツーリング途中、野宿しました。朝陽があたった南アルプスと月の饗宴です』

ニックネーム: カズ

タイトル『私のメスナーテント』

コメント『亡き父から譲り受けた赤&青4~5人用、2000年あたりに購入した黄&緑2~3人用、そして今年購入のSARASARA EVO1-2人用。
あらためて並べてみると、いろんなところに行ったなぁーと感慨深くなります。
基本的構造は変わらず、更に進化するメスナーテント。
最高です!』

ニックネーム:たかちゅう

タイトル「中央アルプスを背にして』

コメント『行者小屋にてテント泊。二人で宿泊なのに起きてみれば結露ゼロ。普段某有名メーカーのダブルウォールテントを使用している友人に羨ましがられました。』

ニックネーム:カネヤン

タイトル『前穂高とメスナー』

コメント『今年5月の残雪期、横尾をベースに涸沢に行きました。
メスナーテントの張りやすさ、快適さは抜群でした。』

ニックネーム:ちほ

タイトル『我が家にホッ♪』

コメント『今年5月、戸隠キャンプ場をベースに戸隠山、高妻山、飯縄山に行きました。
高妻山は残雪が多く撤退しましたが、我が家メスナーに戻ってきて、本当にホッとしたのを覚えています。』

ニックネーム:ちほ

タイトル『リベンジ誓う』
コメント『今年5月、戸隠キャンプ場をベースに戸隠山、高妻山、飯縄山に行きました。
高妻山は残雪が多く撤退したので、山を眺めながらリベンジを誓いました。』

ニックネーム:ちほ

タイトル『剣岳を背景に愛用のメスナ―テント』

コメント『剣沢のテン場にて、剣岳登頂後に戻ってきた時の一枚です。
この日は快晴に恵まれましたが、前日(テントを張った日)は雨と強い風で夜中に何度もおこされました。
テントが飛ばされそうな突風でしたが、メスナ―テントは持ちこたえてくれました。
今夏、ゴアモデルも購入しましたが、このテントに愛着があってまだまだ使っていきたいと思います。』

ニックネーム:登山家5446

神田小川町店

  • Facebook Black Round
  • Twitter Black Round
  • Instagram Black Round
  • LINE

Copyright © Nippin INC